ナイス

ナイスBOOK 査定版(ディーラー査定)《国産車・輸入車》


B5版 BOOK 使い易く持ち運びにも便利なサイズ。ぱっと開いてひと目でわかる。
ナイスBOOK査定版では、「ディーラー査定価格」「基本査定価格」「査定において必要な車両情報」がわかります。
ナイスが提供する市場ニーズに合った適正な価格を知ることにより、利益を把握しながらユーザーからの下取・買取業務を行うことができます。

査定版 《国産車・輸入車》

査定版BOOKイメージ

毎月1回発行(前月20日頃発送)

お使い頂いている、くるま屋さんの声

ナイスのディーラー査定価格BOOKは、買取り・下取り時に必ず使います。
ナイス業販相場価格BOOKと合わせて使うことで、在庫回転率の良い車を仕入れることができ、販売利益も把握できます。

ユーザーからの買取りの際に、実際に本をお客様にお見せして価格の交渉に使わせていただいています。
第三者の独立した価格専門会社のディーラー査定価格ということで、お客様もディーラー査定価格に納得していただけ、交渉に大変役立ちます。

一般乗用車から商用車までディーラー査定価格が掲載されているので、お客様への対応の幅が広がりました。

価格情報だけでなく、必要な車両情報まで掲載されているので役立っています。

『ナイスBOOK 査定版』を使うメリット
ユーザー下取り・買取り時の適正なディーラー査定価格がわかる
人気車種がわかる
車検加算額がわかる
経過月数における適正走行距離の基準がわかる
月間kmとkm:¥を計算して、適正走行距離より多走・少走行の評価の増減額がわかる
車両の詳細情報がわかる
項目別に価格評価の計算ができるので、取扱車種ならほぼすべての中古車に対応できる
毎月最新の市場ニーズやユーザー動向に合わせたディーラー査定価格を知ることができ、利益の把握もできる
第三者の公平な立場で評価した各中古車価格は、どの自動車メーカー・団体・業者とも偏っていない
月間購読料 3,000円 + 消費税

購読方法 1年間予約購読制(年12回)
お支払方法 ・年間購読料一括前払い  36,000円 + 消費税
・月間購読料月々銀行引落 3,000円 + 消費税
 ※銀行引落手続きが必要です
契約解除方法 1年間(年12ヶ月間)契約解除はできません。
年間契約期間終了後、契約を解除する場合は、
2ヶ月前に契約解除を弊社までご連絡下さい。
車両の種類
<乗用車> 普通乗用車、小型乗用車、ワゴン車、軽乗用車
<商用車> SUV(クロカン)、小型トラック、小型ライトバン、
軽トラック、軽ライトバン
※トラック、バンは4ナンバー・2t車までを掲載
※特装車、限定車、特別仕様車を除き全車掲載
対象メーカー
<乗用車> 国産車・・・ トヨタ、レクサス、日産、マツダ、三菱、いすゞ、ホンダ、スバル、ダイハツ、スズキ
輸入車・・・ GM、フォード、クライスラー、BMW、アウディ、ベンツ、AMG、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ジャガー、シトロエン、プジョー、ルノー、サーブ、ボルボ、マセラティ、フィアット、アルファロメオ

<商用車> 国産車・・・ トヨタ、日産、マツダ、三菱、いすゞ、ホンダ、スバル、ダイハツ、スズキ、日野
輸入車・・・ GM、フォード、クライスラー、ベンツ、AMG、ローバー
車両の年式(取扱い範囲)
<乗用車> 国産車・・・ 中古車情報は新車発売開始より1年後〜最長132ヶ月(11年)
ディーラー査定価格
5〜10万円程度あるまで
適正走行距離
10万km辺りまで
輸入車・・・ 中古車情報は新車発売開始より1年後〜最長144ヶ月(12年)
ディーラー査定価格
5〜10万円程度あるまで
適正走行距離
9万km辺りまで

<商用車> 国産車・・・ 中古車情報は新車発売開始より1年後〜最長132ヶ月(11年)
ディーラー査定価格
5〜10万円程度あるまで
適正走行距離
9.2万km辺りまで
1.0t系トラック  9.8万km辺りまで
1.5t系トラック 11.5万km辺りまで
2.0t系トラック 13.5万km辺りまで
輸入車・・・ 中古車情報は新車発売開始より1年後〜最長144ヶ月(12年)
ディーラー査定価格
5〜10万円程度あるまで
適正走行距離
9万km辺りまで
車両の条件

・車検残評価を含まない
・エアコン付き
 (乗用車の1Box系ワゴンはWエアコン)
・装備は標準のみ


表示車の車両状態状況はナイス鑑定格付とAA評価点に準じます(状態・状況の判断の目安)

経過月数 ナイス鑑定格付 一般オークション評価点(参考値)
1〜40ヶ月 AAA+〜AAA− 5点以上
41〜64ヶ月 AA+〜AA− 4.5
65〜76ヶ月 A+〜A− 4.5
77〜94ヶ月 BBB+〜BBB− 4上物〜4.5
95〜112ヶ月 BB+〜BB−
113〜130ヶ月 B+〜B−
131〜148ヶ月 ※救済B+〜B−
149ヶ月以上 経過月数格付適用外 - - -
更に走行距離によってナイス鑑定格付および一般オークション評価点は変わります。

※規定の走行距離以内車には格付け救済を適用。詳しくは鑑定ルールをご確認下さい。  ナイス鑑定格付ルールについて



【オートオークションをご利用する方へ】

オークションは仕入、換金が容易にできる為、近年利用が多くなっていますが、そのオークション落札価格は、予約注文仕入、長期在庫の換金処分や間接要素 (対象車の出品数・バイヤー数、開催場所・日・時間等や、特に過去の出品履歴等々)に影響を受けやすく、係わる諸経費や時間(手間)も考慮が必要となります。 オークションご利用の際は小売、業販において適正な(利益を得るための)価格を目的に構成したナイスBOOKを通じて車の人気度や適正小売価格や業販相場価格、ディーラー査定価格を把握した 上での有効なオークション活用をお勧めいたします。
※Webナイスではオークション落札予測価格も提供しています。高い日価格、通常価格、安い日価格が範囲表示で解るなど、きめ細やかな対応となっています。 オークション結果情報との併用をお勧めします。
ナイスBOOKの使い方 (ディーラー査定価格の算出方法)
  • 1.調べたい車種のページをひらく
  • 2.初度登録を調べて、該当する発売年月ブロックを探す
     (型式、類別区分等を確認)
  • 3.グレードを確認、ボディカラーは何色の系統か?
     (第1〜3カラーの中から選ぶ)
  • 4.表示されているディーラー査定価格を確認し、
      右記のチェック項目の評価を加算または減額する
<チェック項目>
・ミッションが表示と同じか?  → 違う場合は加減額を計算
・車検が残っているか?  → 残っている場合は車検残月分を加算
・エアコンがついているか? → 無い場合は減額
・サンルーフがついているか? → 有る場合は加算
・表示の適正走行距離との走行差は? →(適正km−実車km)× km:¥ で
  少走行は加算、多走行は減額
 (輸入車の場合)
・ハンドル位置が表示と同じか?
→ 違う場合は加減額を計算

査定版(ディーラー査定)国産乗用車の表示例
査定版(ディーラー査定)輸入乗用車の表示例
査定版(ディーラー査定)国産商用車の表示例
査定版(ディーラー査定)国産商用車の表示例
ナイスBOOKで提供する価格情報
基本査定価格 車を単なる物品として償却算出した、新車価格からの残存価値が基本査定価格です。 車は最初に登録(初度登録)してから年月が経過するに従い価値が減少します。 基本査定価格は乗用車が満6年、商用車は満4年でほぼ新車価格の10%になるように設定しています。 また、人気度を知るためのベースになります。 市場ニーズを考慮して算出したディーラー査定価格と比較することにより、人気度を測るものさしになります。
ディーラー査定価格
(ディーラー下取査定価格)
表示の発売年月に登録(初度登録)された車のユーザー買取・下取を対象にした中古車査定価格です。 市場ニーズをコンピュータにインプットし算出した信頼度の高い数値です。 全車エアコン付き、車検残評価しない、加修を必要としない状態の価格を表示しています。
※車両が表示の条件と異なる場合や、車検が残っている場合は、ディーラー査定価格の評価額の調整が必要です。
※価格は加修を必要とせず、そのまま販売できる状態の車の価格です。瑕疵の有る車は必要加修費(実費)の減額をして下さい。
<人気車の見分け方>
基本査定価格とディーラー査定価格を使用すると、市場人気度の把握ができます。
例えば、A車とB車は新車価格がほぼ同じ3,600千円の場合、物品価値の基本査定価格も同じ1,150千円となります。 しかし、ディーラー査定価格はA車が1,725千円、B車は950千円と価格に差が生じています。 これはA車の人気が高いために生じた価格差です。 逆にディーラー査定価格が基本査定価格を下回った場合は低人気車ということになります。

<新車ディーラーとナイスの査定価格との違い>
中古車の第1次発生源は新車販売による下取りが大半を占めています。 その要因の一つにユーザー(一般客)に対する下取体制(いつでも査定できる)が整っていることがあげられます。 現在でも新車ディーラーの中には、まれに自社で発行した査定書を使用している場合もあり、下取ディーラー価格を自社査定書に準じて決定しています。 しかし、新車ディーラーの自社査定書は自社の新車販売のためのものであり、新車販売で得る利益を前提としているため、 中古車(商品)の仕入という市場ニーズに合ったレベルの数値とは言えません。 ナイスのディーラー査定価格は中古車(商品)の市場ニーズに合った仕入ということを前提に価格を設定しています。

<ナイス価格の有効な利用方法>
高人気車を買取りする場合、ユーザーは自分の車が高く売れることを知っていますので、 ナイスのディーラー査定価格では納得しないことが考えられます。 買取りや下取り(下取の場合は販売する車で得る利益も考え)した車を貴社で小売に出すならばナイスの業販相場価格や適正小売価格、 また、オークションで売却する場合はナイスのオークション落札予測価格を参考にしてユーザーと交渉してください。 業販やオークションで仕入れるより利益は高いというわけです。(オークション仕入には落札料や、消費税、陸送費等がかかります)

また、通常は貴社であまり扱わない車種など、業販やオークション出品するような車の場合も、ナイスの業販相場価格やオークション落札予測価格 を確認した上でユーザーと交渉してください。 ナイスで高人気の車は、オークションでもセリあがりが期待できますが、低人気車は全く期待できません。 買取りや下取りする車の人気度、ナイスの業販相場価格、適正小売価格、オークション落札予測価格を調べてから 販売先(小売?業販?オークション?)を考えてユーザーからの買取・下取価格を決めてください。

※上記のナイスのディーラー査定価格、業販相場価格、オークション落札予測価格、適正小売価格は、ナイスが提供している価格情報です。
ナイスBOOKの掲載情報一覧

※◆は掲載車両毎のナイス提供価格 ★は価格に係わる項目 ※価格は千円単位で掲載

◆基本査定価格
車を単なる物品として償却算出した新車価格からの残存価値
◆ディーラー査定価格
表示の発売年月に初度登録された車のユーザー買取・下取を対象にした中古車査定価格
★ボディカラー

乗用車は色系統別に最高3色を評価。第1〜3カラーと掲載され、第1カラーがその車の基準色価。商用車は各主体となるボディカラーを表示
★車検加算
全車車検残評価を含まない。車検残付車は「車検加算額×車検残月数」を計算して評価の加算が必要
★ハンドル位置
輸入車のみで車種によっては各価格が大きく異なる場合がある
★サンルーフ加算額
サンルーフ(ガラスサンルーフを含む)が装着されている場合、評価の加算が必要
★エアコン減額
全車エアコン付き価格で掲載。エアコンがない場合やエアコンが修理不能車の場合は、評価の減額が必要
★適正km
経過月数に準ずる適正走行距離
★月間km
車種・タイプ別の基準月間走行距離
★km:¥
1kmごとの評価額。多走・少走行の評価の増減額計算に使う
★ミッション増減額
表示されているミッションと異なった場合、評価の増減額する
メーカー
 
車種
 
タイプ
乗用車はセダン、クーペ等。商用車はバン、トラック等の分類で掲載。
メーカー発表に基づき実際の形状と異なる表示をしている場合もあり
改良区分
フルモデルチェンジやマイナーチェンジ等の改良を略号により掲載
新車価格
発売当時の新車価格(消費税抜き)
発売年月
車種・モデルが新車発売された年月。年度替わりで前年より同モデルが
新車発売されている場合は○○年1月と表示されています
経過月数
表示の発売年月に初度登録された車の、現在(当誌号数月)までの経過月数
※初度登録月は各年式1月もしくはモデルチェンジ月で固定
追加発売
追加発売がある場合、マーク表示と追加発売月が表示されているグレードは、追加した月に初度登録された車の価格を掲載しています
型式
自動車検査証に記載されている国土交通省指定型式
通称型式
同じ認定型式の中での、仕様や形状の区分用とされている型式
排気量・
仕様
搭載エンジンの排気量や種類を表示。駆動系やドア数等を表示する場合もある
グレード
各車種のグレード名を表示。サンルーフやナビ、エアロ等の標準装備を掲載
ミッション
表示されているグレードのミッション
乗車定員
最大乗車定員数
装備
パワーステアリング、パワーウィンドウが標準装備か否か
類別区分
 
車両総重量
表示のグレード、ミッションに対する車両総重量。オプション等の装着により異なる場合があります※商用車のみ表示
積載重量
最大積載重量を表示。4WD車の積載重量が表示されていないグレードは乗用車登録(3・5・7ナンバー)であることを意味している※商用車のみ表示

【価格に係わる項目について】

 ■価格関係 ※各価格は消費税を含みません

新車価格 メーカーが発表した東京地区の発売当時の車両本体価格(エアコン標準装備車)です。(消費税抜き千円単位)
中古車価格を全車エアコン付きの価格にしているため、エアコンが標準装着されていない場合は車両本体価格にオプションのエアコン価格 (取付費込み)を加えた金額となっています。※ディーラー店頭渡し現金価格とは異なります。
基本査定価格
(物品価格)
車を単なる物品として償却算出した、新車価格からの残存価値が基本査定価格です。 車は最初に登録(初度登録)してから年月が経過するに従い価値が減少します。 基本査定価格は乗用車が満6年、商用車は満4年でほぼ新車価格の10%になるように設定しています。 市場ニーズを考慮して算出したディーラー査定価格と比較することにより、人気度を測るものさしになります。
ディーラー査定価格
(ディーラー下取査定価格)
表示の発売年月に初度登録された車のユーザー買取・下取を対象にした中古車査定価格です。 市場ニーズをコンピュータにインプットし算出した信頼度の高い数値です。 全車エアコン付き、車検残評価を含まない、加修を必要としない状態の車両条件で価格を掲載しています。
※ディーラー査定価格は表示のデータ(登録年月、ミッション、装備等)に基づいた価格です。 表示のデータと異なる場合(登録月、ミッション、車検残、エアコン等)は、加算や減額が必要です。
ボディカラー評価
(色別価格)
※特許取得済
新車の場合、ボディカラーは価格には関係しませんが(特殊カラーは除く)、中古車のボディカラーは価格決定の重要条件です。 ユーザーの大半は中古車購入の際、ボディカラーを決めた上で車を探しています。 このような状況から同一車種でも人気色と不人気色が存在し、在庫回転率や販売利益に大きな影響を与えます。 ただ、全ての中古車購入ユーザーが人気色を希望するとは限りません。 問題はユーザー希望購入価格とのバランスです。

<乗用車>ボディカラーは色系統別に最高3色を評価して掲載しています。(第1〜3カラー)
     第1カラーは主体のボディカラーを設定、第3カラーに人気色や不人気色など比較的顕著に価格に影響を与える
     ボディカラーを設定。
<商用車>格主体となるボディカラーを表示。
ミッション増減額 発売年月やタイプのブロックごとに、その車の販売の主体となるミッションに統一して掲載しています。 新車価格、中古車価格ともに表示のミッションの価格になっており、表示のミッションと異なる場合は、ミッション に対する増減額が必要です。 ミッション増減額表示のない車種はユーザーにより、ミッションの好みが分かれる車種という意味を表します。
サンルーフ加算額 サンルーフ(乗用車はガラスサンルーフを含む)が装着されている場合の加算額です。 サンルーフは新車製造時以外、原則、後からの取付けはできません。中古車においてはサンルーフが既についている車を探すしかありません。 そのため非常に付加価値の高い装備となり、相応の評価が必要になります。 グレード名の後ろに「S/R」の表示があるグレードはサンルーフが標準装備のため、ディーラー査定価格にサンルーフ評価が含まれています。 また、サンルーフ評価の表示が無い場合は、その表示ブロックの車にサンルーフの設定が無い場合か、全グレード標準装備のため、 サンルーフ加算評価の必要が無いことを示します。
エアコン減額 エアコンが付いていない場合と、エアコンが修理不能車の減額金です。 エアコンを業者の方が取付けたり交換をする場合のコストや手間を考慮した数値です。
車検加算 車検が残っている場合の1ヶ月あたりの加算額です。 実際にかかる車検コスト(整備代、重量税、自賠責保険等)や手間(ユーザーとの契約から納車まで)等を考慮した商品価値の数値です。
※掲載の価格は車検残評価を含まない価格です。車検が残っている場合は各車種別の車検加算額×車検残月数を計算して加算が必要です。
ハンドル増減額 輸入車で、そのグレードにハンドル位置の設定が左右両方あるケースで、メインが左の場合はBL、右の場合はBRと表示し、その増減額を掲載しています。 ハンドル位置が表示と異なる場合には、ハンドルに対する増減額が必要です。

 ■走行距離関係

km:¥(キロメートル円)
※特許取得済・商標登録済
走行距離をお金に換算します。
車両の登録年月にあった適正走行距離とのkm差(多走・少走行分)に対する1km毎の評価金額です。
適正km、月間km
(適正走行距離・基準走行距離)
一般ユーザーは1ヶ月どのくらい走るのか? 中古車は何kmが適正なのか?
そういう疑問を形にしたのが適正kmと月間kmです。 ※車種・タイプ・年式によっても各kmは異なります。

適正kmは、この車種の初度登録から現在までの経過月数における適正な走行距離。
月間kmは、初度登録年月が表示の発売年月と異なる場合の適正な走行距離への調整km。
<適正km(適正走行距離)の計算方法>(例:実車の初度登録年月が、表示の発売年月と異なる場合)
《 ナイスBOOK掲載車と評価情報 》

 H26年1月発売   経過月数41ヶ月  適正km30,600  月間km650
《 実車情報 》

 H26年5月初度登録車

 H26年5月 − H26年1月 = 4ヶ月
 月間km650 × 4ヶ月   = 2,600km
 30,600km − 2,600km = 28,000km     この車の適正kmは 28,000km
適正kmとの実車kmの走行差は、使用頻度の多少、車の程度(特に目に見えない所の)良し悪しが判る重要なバロメーターです。

※表示のディーラー査定価格はこの適正kmを基準としています。
各初度登録月別の適正kmより多走・少走行車の走行距離差はkm:¥(キロメートル円)を使うことにより、金銭価値として評価することができます。
<走行距離差の評価金額の計算方法>(例:実車の初度登録年月が、表示の発売年月と同じで、適正kmと実車kmが異なる場合)
《 ナイスBOOK掲載車と評価情報 》

 H26年1月発売   経過月数41ヶ月  適正km30,600  月間km650  ディーラー査定価格2,205千円 km:\ 10円
《 実車情報 》

 H26年1月初度登録車
実車走行距離
40,600kmの場合
  適正km    実車km
( 30,600km ― 40,600km )
  km:\
× 10円 = 
 km減額金
−100,000円
実車走行距離
20,600kmの場合
  適正km    実車km
( 30,600km ― 20,600km )
  km:\
× 10円 = 
 km増額金
 100,000円